お子さんが安心できる歯医者の選び方

この記事をシェアする

待ち時間を飽きさせない工夫は

待合室への配慮は

大人でも退屈な時間が長くなれば、その場所に対してマイナスな印象を持つもの。ましてはお子さんとなればその感情はより高くなりがちです。
歯医者では自分の診療になる前に、どうしても待合の時間が増えることがあるものです。予約制の医院であっても、前の患者さんの治療内容に若干の違いが生じれば、それによってロスタイムが生じ、次の治療への待ち時間が増えてしまうことは多々あります。
こうした不意に長くなる待合の時間に対して、歯医者が楽しく過ごせるような配慮をしているのかをチェックすることもお子さんが歯医者を怖がらず、苦手意識を持たないためには欠かせないポイントです。
遊具や絵本はもちろん、動画が楽しめるモニターなどを配置している、託児室があるなどの配慮は安心感につながります。

治療の際にも

待合はもちろんですが、治療の際にも時間に不安感を感じさせない配慮がある歯医者は頼りがいがあるといえます。
例えばお口の中の治療の際、お子さんにとっては退屈な時間です。お口を開けているだけで自分はすることがありません。しかも多くの大人が自分の周りで口の中に集中している。そんな環境が続けばお子さんにとっては強い圧迫感となり、恐怖や不安を感じることにもつながってしまうものです。
こうした不安を感じさせないよう、治療室にも絵本やぬいぐるみ、また動画が見られるモニターヲ設置されているとお子さんが怖がらずに治療を受けることが出来ます。
怖さを感じなかった体験があることで、お子さん自身が歯医者を怖いものだと認識しなければ、その後の治療も嫌がらずに行くことが出来るのです。



PAGE
TOP